2018年1月から、全労済協会主催の「つながり暮らし研究会」の委員として参加しています。

暮らしの課題を共有し、新たな支え合いを構築する取り組みをもとに、人口減少社会における新たな地域再生モデルに向けた取り組みを研究していきます。今日の都市住民における地域課題に対して、対応不全の現状を詳らかにした上で、これからの都市の暮らしを豊かにするために必要な支え合いやコミュニティの形を提案し、書籍にまとめていきます。月1程度で集まり、各委員が取り組んでいる実践や理論などをもとに、これからの新たなつながりや地域再生のモデルのあり方について議論しています。

▲「つながり暮らし研究会」詳細はこちら
http://www.zenrosaikyokai.or.jp/thinktank/research/each_research/worker07/

研究会委員
【主査】
保井 美樹 氏(法政大学現代福祉学部教授)
【委員】
江口 晋太朗 氏(株式会社トーキョーベータ代表取締役)
小黒 一正 氏(法政大学経済学部教授)
勝部 麗子 氏(豊中市社会福祉協議会福祉推進室長)
工藤 啓 氏(認定NPO法人育て上げネット理事長)
柴田 建 氏(九州大学大学院人間環境学研究員助教)
西村 勇哉 氏(NPO法人ミラツク代表理事)
堀田 聰子 氏(慶應義塾大学大学院健康マネジメント研究科教授)
三輪 律江 氏(横浜市立大学学術院(国際総合科学群)准教授)