神保町にあるコワーキングスペース「EDITORY」の立ち上げ、ディレクターとして関わらせていただきました。(2013年2月〜2014年7月まで)

一棟まるごとリノベーションしていくプランのなか、はじめは4階にある空間をコワーキングスペースに、その後、2階の空間を受付やイベントスペースなどにし、クリエイターだけでなく地域の人たちが集まる場所としていきました。最後に3階をシェアオフィスとし、ベンチャーなどが滞在し、集中して作業できるような設えにするという、段階的なリノベーションをしていきながら、地域に根づいた場所としていきました。

クライアント:株式会社安富
プロデュース:ツクルバ
運営ディレクター:江口晋太朗(編集者、TOKYObeta)